ワンフェス2012[夏]出展とShade×iModelaチュートリアル

来たる2012年7月29日(日)幕張メッセにて開催される「ワンダーフェスティバル 2012 [夏]」に、私がいつもお世話になってます3DCGソフトShadeのイーフロンティア様とiModelaのローランドDG様が出展されます。

本日発売のホビージャパン2012年9月号でも掲載されていますが、ロボティクス・ノーツというゲームに登場のロボット「ガンヴァレル」をShadeとiModelaを駆使し、立体化したものをワンダーフェスティバルで展示します。

ちなみに「ガンヴァレル」に関しては私は無関係です(爆)

以下、イーフロンティア様WEBページ内ニュースより

ローランド ディー.ジー.株式会社様と株式会社MAGES.(メージス)様のご協力をいただき、ローランド ディー.ジー.株式会社様のiModela出展ブースにて、今話題のゲーム「ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】」に登場する「ガンヴァレル」の3DCGデータを用いた切削加工サンプルを展示いたします。もちろん、3DCGデータはShadeを用いて制作されたものとなります。


 
ShadeとiModelaを使って、今注目の「3D切削加工機」にチャレンジ!
「オリジナルのフィギュアやプラモデルを作るのって難しいんじゃないの」と思っている方へ
簡単にプロ顔負けのクオリティを手に入れる時代がやってきました !
 

Shade×iModelaの特設ページを準備中!こうご期待!

当日は、「切削加工サンプル」や「Shadeで作ったガンヴァレルの3DCGデータ」など役に立つ情報満載の展示内容になっておりますので、この機会にぜひ会場に足をお運びください。


で、
 
その ローランドDG様×イーフロンティア様ブース内で、
私がShade×iModelaで造った切削サンプルを展示予定としております。
 
ブースNo.は1-70-01
 (アオシマさんの隣だそうです。)

ちっこい奴です。探してみて下さい。(^^)

ちなみに当日、私はいません(笑)
 
 


追記

上記私の切削サンプル・・・
 
この度、イーフロンティア様 Shade13サイト内でShade×iModelaのチュートリアル作成の依頼がありまして、造りました。

チビ兵くん German infantry ver.2.0 !!1/48?

チュ-トリアル用に再度作り直し及びバージョンアップ(ディテールの追加)をしました。

複製して、簡単なディスプレイも作ってみたり・・・

3DCG、切削機初心者の方でも超簡単に造形が出来るよう、チュートリアルを作成しました!

只今、Shade13サイトにて公開中!!!!!
http://www.shade13.jp/

1 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: CG,iModela(アイモデラ),Shade,ドイツ兵 — Takuya 2:20 PM  Comments (6)

iModela試作第一弾完成 ドイツ兵1/48?

ローランドDG iModela での切削試作第一弾が完成しました。
この手の機械は初めてなので、なかなか手間取りましたが、
紆余曲折あってか、だいぶいろんなことが理解でき、
使っているのが非常に楽しくなってきました。

前々回の日記でも書いていたディフォルメドイツ兵の完成です。
タミヤ等の市販1/48MMパーツをディテールアップ用として付けられるようなサイズとして設計しました。

高さ約2cm程です。

製作過程

Shade12でCGモデリング

専用ソフト MODELA Player 4 にDXFとして読み込み。

原型とする素材ケミカルウッドを2.1mmボールカッターで荒削り

1.0mmボールカッターで仕上げ

更に0.4mmボールカッターで仕上げ処理

Y方向、等高線方向仕上げも付け加えて表面を慣らしていきます。

機械で切削しますが、
人間の手も加えます。
ペーパーやすりで表面処理をします。
緑色が付いているのはフィニッシャーズのラッカーパテです。

出来た原型をシリコンで型取りします。
(原型に対して反転した形となります。)

出来たシリコン型を中央線でカットして、
この2つを貼りあわせレジンキャストを流し込みます。

ドイツ兵フィギュア・キットの完成です。

 
 

ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: iModela(アイモデラ),ドイツ兵,製作 — Takuya 11:16 AM  Comments (4)

Shadeとアイモデラ(iModela)で造ろう

さてさて 新兵器アイモデラですが、
出張も終わり、ひと段落したところで、造型していきますよ。

まず、単純な造型で・・・

2頭身キャラ ドイツ兵くん!

ラフを描いてShadeで3DCGモデリングします。
これ↓  (また、おいおいShadeの使い方は説明しようかと思ってます)

量産化を考えてるので、金型みたいな感じで原型を造ってます。

シリコンで型を造るので、通常の手作業の造型なら横方向のディテールは気にしなくてもいいのですが、
iMOdelaで切削するので、金型の様に縦方向のみの切削で考えていかなければなりません(なんだか文章おかしいですね?)
いや、厳密に言うと横方向からの切削も可能なんですが・・・

原型のシリコン型にモデルをレイアウトするのもそうですが、
切削用のカッターの太さ、カッターの形も考えながらモデリングしたりと
それを考えるのがパズル的で面白かったり、めんどくさかったり・・・

iModelaで切削する為には専用のソフトが必要です。(iModela購入者のみダウンロードできます。)
Shadeの3Dデータを汎用CADファイル・DXF形式に変換して、
MP4というソフトで読み込みます。

このデータを元に色々と切削パラメータを与えていくのですが・・・

今晩、削りだしていこうかと思います。

つづく
 
 
 
 

2 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: iModela(アイモデラ),ドイツ兵,製作 — Takuya 8:55 PM  Comments (0)
    BLOG LIST
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

グライファー掲載