新年でモデリング HGUCドム(16)

今回は、バーニアエンジンをShadeとiModelaで作成したものに置き換えました。

エンジン自体は、以前モデリングしたものをレジン複製して使用しています。
腰、脚部に配置しています。
ノズルはICソケットを使用。
5515494_1963510036_34large
5515494_1971293895_119large

ノーマルの状態。
裏側には肉抜きが有り、形状が途切れています。
dom140110a
dom140110b

腰バーニア部
dom140110c

脚部バーニア
連結用ステーにカッティングプロッタで切り出したトラス構造ディテールプラバンを貼り付けています。
dom140110d

dom140110e

あと、バックパックバーニア周り・股間・バズーカの仕上げ。スジボリ・モールド追加。表面処理仕上げを残すのみ。
もうちょいです。

3 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: CG,HGUCドム,iModela(アイモデラ),Shade,製作 — Takuya 11:11 PM  Comments (0)

モケイショップ R さん お客様作品展示会のお知らせ

ここのところ、体調が悪く模型もチビチビとしかやってなかったのですが、
先日、久しぶりにコジマ塾に参加してきました。
5515494_1976963707_83small
やはり、趣味仲間としゃべったら、元気出ますね。

 
 
*****お知らせ*****
来る、8月3日(土)、4日(日)は
奈良県吉野のモケイショップ R さんの
お客様作品展示会です。

開催場所は
奈良県大淀町のあらかしホール
開催時間は
8月3日(土) 10:00〜17:00
8月4日(日) 10:00〜16:00

毎年、大盛り上がりの全国でも希少な展示会!(*^^*)

今年も、
吉岡和哉氏
すこっつぐれい氏
E.danke氏
シック・スカート氏
holohologirl氏…

他にも、関西圏の凄腕モデラーさんが集います!

ワークショップあり、
自慢大会あり、
作品指南あり
と、模型を介してのドンチャン騒ぎです。

是非あなたも
模型のワンダーランド
モケイショップ R の展示会に
お越しぐたさいませ

あ 私もね。

詳細は ↓

http://www.mokeishop-r.com/

 
 
 
*****お知らせ2*****
7/25に3DCGソフトShadeの新バージョン、 Shade 3D ver.14 が、発売されました。

今、話題の3DプリンタのフォーマットSTLに対応しています。
また、プラバン使用のフルスクラッチに便利な機能が追加。これについては、まだ試していないので、後日レビューします。

早速、Shade 3D ver.14を使ってみました。
5515494_1963510036_34large
当初、ギラ・ドーガの時に作ろうかと思っていたバーニア・エンジン。
少し、デザインを変更。

5515494_1971293895_119large
iModelaで切削。
バーニア内部にベクターノズルのディテール入れてたんですが、出力サイズが小さすぎて、流石に判別できない…。
しかし、他のエンジン部ディテールは、まずまず再現されていて、いい感じですね。
只今、この原型にシリコン流して硬化待ち。去年のシリコンなので、もしかして失敗するかも…
うまくいけば、レジン流して複製。

現在制作中のSDサザビーと、その次の作品に使用予定です。

制作中SDサザビー(かなり放置中でしたが…)
leg_sazabi
キットのままでは、太ももが無いので、追加して足長に。
 
led
LEDを仕込んでモノアイとトサカのセンサー部も発光します(写真ではモノアイのみ)

iModelaとShade 3D ver.14と共にワンダーフェスティバル2013夏に出撃していたみたいですね。
544464_536158799801884_114817692_n
私のチビ兵くん(^^)
(iModela公式サイトより)
 
 
 
そうそう・・・
公開、初日に観に行きましたよ。宮崎作品最新作「風立ちぬ」
5515494_1971614682_52large
切なくて泣ける部分もありますが、
イタリアのカプローニ伯爵と語り合う「夢」は、ものを造る人間として共感出来るものであり、元気付けられ、また涙が出た。

映像は飲み込まれるように美しく… お勧めです。

大人な内容が多いので難しかったかと思いますが、
娘が「面白かった」「切なかった」って言ってくれて良かったですね。
また観たいって言ってましたよ。
早くブルーレイ出ないかな?(笑) 

私の中で宮崎作品最高傑作だと思います(トトロもね)

2 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


ワンフェス2012[夏]出展とShade×iModelaチュートリアル

来たる2012年7月29日(日)幕張メッセにて開催される「ワンダーフェスティバル 2012 [夏]」に、私がいつもお世話になってます3DCGソフトShadeのイーフロンティア様とiModelaのローランドDG様が出展されます。

本日発売のホビージャパン2012年9月号でも掲載されていますが、ロボティクス・ノーツというゲームに登場のロボット「ガンヴァレル」をShadeとiModelaを駆使し、立体化したものをワンダーフェスティバルで展示します。

ちなみに「ガンヴァレル」に関しては私は無関係です(爆)

以下、イーフロンティア様WEBページ内ニュースより

ローランド ディー.ジー.株式会社様と株式会社MAGES.(メージス)様のご協力をいただき、ローランド ディー.ジー.株式会社様のiModela出展ブースにて、今話題のゲーム「ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】」に登場する「ガンヴァレル」の3DCGデータを用いた切削加工サンプルを展示いたします。もちろん、3DCGデータはShadeを用いて制作されたものとなります。


 
ShadeとiModelaを使って、今注目の「3D切削加工機」にチャレンジ!
「オリジナルのフィギュアやプラモデルを作るのって難しいんじゃないの」と思っている方へ
簡単にプロ顔負けのクオリティを手に入れる時代がやってきました !
 

Shade×iModelaの特設ページを準備中!こうご期待!

当日は、「切削加工サンプル」や「Shadeで作ったガンヴァレルの3DCGデータ」など役に立つ情報満載の展示内容になっておりますので、この機会にぜひ会場に足をお運びください。


で、
 
その ローランドDG様×イーフロンティア様ブース内で、
私がShade×iModelaで造った切削サンプルを展示予定としております。
 
ブースNo.は1-70-01
 (アオシマさんの隣だそうです。)

ちっこい奴です。探してみて下さい。(^^)

ちなみに当日、私はいません(笑)
 
 


追記

上記私の切削サンプル・・・
 
この度、イーフロンティア様 Shade13サイト内でShade×iModelaのチュートリアル作成の依頼がありまして、造りました。

チビ兵くん German infantry ver.2.0 !!1/48?

チュ-トリアル用に再度作り直し及びバージョンアップ(ディテールの追加)をしました。

複製して、簡単なディスプレイも作ってみたり・・・

3DCG、切削機初心者の方でも超簡単に造形が出来るよう、チュートリアルを作成しました!

只今、Shade13サイトにて公開中!!!!!
http://www.shade13.jp/

2 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: CG,iModela(アイモデラ),Shade,ドイツ兵 — Takuya 2:20 PM  Comments (6)

Shade13 BasicとiModelaでバーニア作成

お久しぶりでした。
バタバタしてまして、
寝不足から来るメバチコ(一般に言う「ものもらい」)の痛みに耐えてたり・・・

昨日は休みを取ったのですが、(いつもながら3連休というものは無く(泣く))
午前中、娘とスポーツセンターのプールへ、
流石に、こちらも芋洗い状態・・・(汗)

昼食は、さっぱりすだちの冷やしつけ麺

午後から公園で一輪車とJボードしようかと思ったが殺人的な暑さの為、ジョーシンに避難・・・(汗)

プラモコーナー見てたら。
44hiroさんと遭遇。

晩御飯は家で、そーめん
 
 
 
 
 


ようやく、フル・フロンタル専用ギラ・ドーガ再開です。

とは、言いましても 工作は始めておらず。

バーニアをiModelaで作成しようとデザイン中・・・

新発売のShade13 Basicにてモデリングしてます。 ・・・まだ、途中ですが・・・。
 
 
 

 

バンダイからバーニアやらマニピュレータやらが発売されますね!
こちらも楽しみだ。

6 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


iModela試作第一弾完成 ドイツ兵1/48?

ローランドDG iModela での切削試作第一弾が完成しました。
この手の機械は初めてなので、なかなか手間取りましたが、
紆余曲折あってか、だいぶいろんなことが理解でき、
使っているのが非常に楽しくなってきました。

前々回の日記でも書いていたディフォルメドイツ兵の完成です。
タミヤ等の市販1/48MMパーツをディテールアップ用として付けられるようなサイズとして設計しました。

高さ約2cm程です。

製作過程

Shade12でCGモデリング

専用ソフト MODELA Player 4 にDXFとして読み込み。

原型とする素材ケミカルウッドを2.1mmボールカッターで荒削り

1.0mmボールカッターで仕上げ

更に0.4mmボールカッターで仕上げ処理

Y方向、等高線方向仕上げも付け加えて表面を慣らしていきます。

機械で切削しますが、
人間の手も加えます。
ペーパーやすりで表面処理をします。
緑色が付いているのはフィニッシャーズのラッカーパテです。

出来た原型をシリコンで型取りします。
(原型に対して反転した形となります。)

出来たシリコン型を中央線でカットして、
この2つを貼りあわせレジンキャストを流し込みます。

ドイツ兵フィギュア・キットの完成です。

 
 

ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: iModela(アイモデラ),ドイツ兵,製作 — Takuya 11:16 AM  Comments (4)
    BLOG LIST
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

グライファー掲載