オデッサの戦い

しばらく更新してなかったCGの新作をUP

と言っても2006年のオラザクに投稿した際の添付ドキュメントの表紙絵を少し改良しただけです。
2009年12月に完成のHGガンダムVer.G30thと
その他もろもろ爆発等の効果を加えてみました。

トップページ > Self Ex > UC一年戦争 > UC0079.11.07  Одеса (Odessa)

http://www.style-s.jp/self_ex/images/odessa/b_o_odessa.html

96f89ycz
オデッサの戦いをCGにて表現してみました。

ちなみにガンキャノンはまだ製作したことがありませんが、
ペプシのボトルキャップを使用しています。
 
 
 
 


これはHDMの代用になりますね!
かなり使えます。突起部分を削るだけで、そのまんまMGに!
造型もGood ザク、グフ、シナンジュ用としても違和感有りません。
1/144用もF2ザク等に使えそうですね。

ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: CG — Takuya 5:15 PM  Comments (2)

レイザーラモン

パラリンピック。
只今、金2、銀1、銅5の計8個
オリンピックより健闘してるのに情報少ない…
毎日、早朝プラやってるんですけど、眠気覚ましにNHK入れてて、
先のオリンピックの時はサブリミナル洗脳されるかのように何回も何回も同じ放送してたのに
パラリンピックはほんの一瞬だけのニュース扱いのみ…(メダル取った時だけ)

 


 
 

ガンプラ新ブランド『REAL(リアル) GRADE(グレード)シリーズ』2010年7月24日誕生
http://www.bandai.co.jp/releases/J2010031901.html

7月に発売予定だった新ガンダムってこれだったんですね。
realgrade_02[1]

1/144ガンプラ・・・ HGと来て

RG・・・ リアルゲイ(+_+)\バキッ!
 

んーって言うか これG30thスタイル(1/1立像)ですよね?
新しいデザインで来て欲しかったなあ 個人的には…
(ちょっと このデザインも見飽きてきた?)

  
■外装部分の精密なパーツ分割で、リアル観を徹底追及

G30thを ちまちまマスキングして塗り分けしたあの日々は・・・(汗)

しっかし、1/144でパネルごとにパーツ分けされてるのって凄いですなあ
どんなになってるんだろ?興味あり。

これまで1/144スケールでは再現が難しかった「コア・ブロック」から「コア・ファイター」への完全変形など、劇中シーンの再現も可能に。
 
あれ?HGUCでは変形しないの?

■内部骨格に新しい機構を採用。パーツ数を大幅に低減しつつ「MGシリーズ」クラスの可動箇所を確保
56412[1]
凄いねえ このフレームだけでも欲しいなあ

しかも、
本商品ではランナーから取り外すだけで簡単に関節パーツが完成します。
56411[1]
うんうん あんまり、見えないところは横着していいのよ(笑)

 
 
 
 
『RG(アールジー) 1/144 RX-78-2ガンダム』(2,625円・税込)

MGのVer1.0と同じ値段って・・・(汗)

 
商 品 名 : 『RG(アールジー) 1/144 RX-78-2ガンダム』
価   格 : 2,625円(税込)
発 売 日 : 2010年7月24日(土)
完成サイズ : 全高約125mm
ターゲット : 10代半ば~30代後半の男性
販売ルート : 全国の模型店、玩具店、家電量販店、ネット通販など
販売目標 : 2011年3月末までに50万個

え?40代はターゲットじゃないの?(今年41になります 私(笑))

 
 
 
RG第2弾は ザクか・・・?
 

 


 

実物見たんですけど 凄い迫力ですねぇ
でも、これ弄るとしたらしんどいなあ 
パチ組みで充分かな。

多分、今年のオラザク、 これ使ってくる人 いそう・・・
1/48フィギュアとかからめて・・・
(ガンプラ30周年だし。選考的に有利っぽいなあ)
 


 
 
 
 
『ガンプラ REAL GRADE 1/1 RX-78-2ガンダム』について
TVアニメーション「機動戦士ガンダム」に登場する「RX-78-2ガンダム」を実物大の18メートルで再現した立像です。ガンダムの代表的な装備である「ビームサーベル」を右手に持ち、よりリアルで臨場感溢れる新たな仕様で設置します。頭部が上下左右に可動するほか、約50箇所に発光ギミックが内蔵されています。そのほか、両胸スリット部と足首部分、背中のバーニアなど14箇所にミスト噴射ギミックが内蔵されています。立像は専用台座に設置され、夜間には新たなライトアップを予定しています。
56420[1]

こりゃ 完全に兵器扱いだな(笑)

<出展概要>
「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に、バンダイが「RG(リアルグレード)1/1ガンダムゾーン」として出展、中央に実物大ガンダム立像『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX-78-2ガンダム』を設置。台座に上がり、立像に実際に触れることができる「タッチ&ウォーク」、オフィシャルショップなどを展開予定。

<出展期間>
2010年7月24日(土)~2011年1月10日(月・祝)
※ 「RG1/1ガンダムゾーン」内のガンダム立像の演出及び「タッチ&ウォーク」は、10月1日(金)~11月30日(火)は休止する予定です。但し、ゾーン内に入場しガンダム立像をご覧頂く事は可能です。
※ 「RG1/1ガンダムゾーン」内のブース(オフィシャルショップ等)は、10月1日(金)~11月30日(火)は休業する予定です。

<アクセス>
JR東静岡駅北口下車徒歩1分(JR東海道線)
静岡鉄道長沼駅徒歩5分(静岡鉄道静岡清水線)

ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: オススメ — Takuya 11:00 AM  Comments (0)

「アバター」ブルーレイ発売

アマゾンからメール
アバター ブルーレイ発売決定!

早っ

まだ劇場で公開中だったりもするんじゃないの!?

でも嬉しい

今月はユニコーンブルーレイ
来月はアバターっ

ブルーレイ・DVDセットってどういうこと??

どっちかいうと3D版とのセットにしてくれよっ!まったく

 
 
う~ん テレビはパナの3Dビエラにすべきか、ソニーの3Dブラビアにするべきか・・・(汗)

あ そんな金無いんですけどね(笑)

 
でも、ウチのTV専用の液晶(すでに所々、不具合出てる)… 7年ほど前で32インチ、45万で買ったこと考えると
3DTVの方が安いのか…

まあ、2011年ぐらいになれば安くなるしハイスペックなのが出るやろし…

ああ 3D体感したい~

ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: オススメ — Takuya 12:08 PM  Comments (0)

ハンディ鉄ヤスリ鬼斬(おにぎり)

先日、スジボリ堂さんに「某アイテム」を注文した際に「ハンディ鉄ヤスリ鬼斬(おにぎり)」をサンプルとして同梱して頂きました。
いつもありがとうございます。m(_ _)m
(注文した「某アイテム」に関しては、また後ほどレビュー致します。)

 
今回は「ハンディ鉄ヤスリ鬼斬(おにぎり)」のご紹介
DSC_3702

試しにザブングルに登場のウォーカーマシン1/100ガラバゴスタイプをヤスってみました。

現代のガンプラというものはCAD設計によるものとバンダイの大変高度な技術により成型されています。
なので、パーツとパーツを合わせると当然のごとくピシッとツライチではまります。

しかし、ザブングルなどの一昔前のキットだと、パーツを合わせたとしても合わせ目に段差が出来ることが多いのです。
(今のガンプラしか知らない若い人達はびっくりするでしょうね)

綺麗に仕上げる為には、この段差を無くしてやらなければなりません。
DSC_3703
腕の縦中心の合わせ目箇所に段差が有ります。
艶の残っている所が段差の低い方のパーツです。

これを「ハンディ鉄ヤスリ鬼斬(おにぎり)」でヤスってみます。
DSC_3705
合わせ目付近の艶が消え、段差も無くなりました。
(ひどい段差だった為、周辺のスジボリも消えてしまうので後ほどスジボリをする必要が有ります。)

 
ペーパーでヤスるとキットのエッジを丸くしてしまう危険性がありますが、
「ハンディ鉄ヤスリ鬼斬(おにぎり)」だと鉄ヤスリの特性上、それを回避することが出来ます。
また、切削性の良い鉄ヤスリは「複目」というのが多いのですが、「鬼斬」は「単目」を採用しています。

 
私が普段使用している鉄ヤスリはタミヤのハードコートヤスリPROです。
これは、北海道に行った際、DOOVAさんに教えてもらい購入したんですが、切削性バツグン!
ガシガシ削るフルスクラッチャーとしては必需品となりました。

しかしタミヤの鉄ヤスリは切削性が良い分、パーツに深い傷も残してしまいます。
その点、「鬼斬」の削り後は非常に綺麗に仕上がります。
(鉄ヤスリとは思えない仕上がりです)

 
 
※上のガラバゴスの画像は、
以前にタミヤの鉄ヤスリでガシガシ途中まで削っていたので削り後が深く付いてしまってますが、
最初から「鬼斬」でヤスっていれば、もっと綺麗に仕上がっていたことでしょう。

 
「鬼斬」と言う少々、恐いネーミングですが、実際はかなり優しめの鬼さんでした(^^)
タミヤのほうが複目の為、ガシガシいけます。
なので有る程度、おおまかにガシガシいくにはタミヤのヤスリ。
で、パーツをキズだらけにしてしまう手前に来たら「鬼斬」に代えて仕上げていく・・・
といった使い方が良さそう。

 
フルスクラッチやキット改造じゃなくキットを整面するだけなら最初から「鬼斬」だけでも充分です。

 
 

あと、削り粉がヤスリ目に溜まっても歯ブラシなどでサッと軽く払うだけで取り除くことができるのも凄いですね。

2 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: オススメ — Takuya 12:45 PM  Comments (0)

ユニコーン発売の日

ガンダムユニコーン 1(ユニコーンの日)が発売されました。
DSCF2003
昨晩、ブルーレイにて視聴。

 
で、 みなさん絶賛してると思うので 

逆にここでは辛口レビューということで…(笑)

待ちに待った(?)ユニコーンの映像化

待ちに待った最新宇宙世紀ストーリーの映像化

期待は膨らむ・・・

…観た

期待が膨らみすぎたのか、少々 アレ? ってな感じがしないでもない。

ブルーレイのため、画質は当然最高です。 
デジタル記録の為、当然画像劣化はしません。

しかし、画質がクリア過ぎる為か、作画のラインがあっさりし過ぎて見えるような印象を受けます。
作業方法は知りませんが、まるでイラストレータ等のドロウ系ソフトで同じ線幅のみ使用してトレースしたような作画の線。

デッサン狂いなどは少ないのですが、
昔の作画の様に「線」自体に強弱が無いからか、キャラクターが安っぽく見えてしまいます。
(ガンダムA連載の北爪氏の漫画の様… 「逆襲のシャア」は味があって良かったんですけど、どうしちゃったんでしょうか?)
過去の作品はデッサン狂ってても、画質が悪くてもキャラクターに味が有ったものだが…

あと、どうしてもキャラクターデザインが・・・。(これは、そのうち慣れるでしょうが…)
希望としては安彦デザインでいって欲しかった・・・。
マリーダが… なんか違いすぎる…
 
 
MSの戦闘シーン。
それなりに それなりなんですが…
こちらも想像が膨らみさせすぎたからか、イメージしてたものより迫力に欠けました。

まず、カトキ氏のオリジナルデザインから作画簡略化の為に大部分の「線」を端折ってるということ…
仕方ないこととは言え、 これは、ほんとうに映像のクウォリティを下げていると感じます。
 
半年に1話の発売ペースなら、もうちょっと描き込んで欲しかったのが本音。

 
ネェル・アーガマやユニコーンのコクピット内とユニコーンの変形シーンあたりのみ3DCG(トゥーンレンダリング)を使用していますが、
MSの動きは全てCGにするほうが迫力も増すし、作画も楽になるのでは?
(基本データはプラモ用のを流用すればいいんだし…)

CGにすることで「ライン」を間引きしなくてもいいし、ディテールも描き込める。
更に小説版で表現されてるリゼルの機体番号などのマーキングだってマッピングすることができる。

 
 
基本的にバンダイの映像ソフトって他社の映画DVD/BDと比べ割高なんだから、もうちょっとがんばって欲しいなあ~ とか。(1話2時間ぐらい欲しいって言うのは、言いすぎ?)

ガンプラは安く感じるんですけどね。

 
 
で、ユニコーンの変身

ここ もうちょっと違う見せ方あるんじゃないかなあ~とか・・・(あえて、CG使って おもちゃっぽくしたみたいなことインストに載せてましたけど)

デストロイモードになったとたん 見得切り・・・(^^;

見得切ったところで 次回に続く(オイオイ)

 
なんか消化不良なので、その後F91のDVDを少し観る。

「ああ なんか 落ち着くなあ」

旅行から帰ってきて「やっぱ、家が一番やわぁ」言うてるみたい(笑)

富野、安彦タッグなのをまた観たい…。

もうね、 オールドタイプなんでしょうよ …私。

次回、ガンダムUC 2話 「赤い彗星」

多分、これは面白いはず!
フル・フロンタルの声も池田さんだし…
大好きなシナンジュも登場で小説読んでる時も手に汗握るって感じだったので期待っ!

あっ アニメ版1話を見終わって、
私自身は小説を読んでるので不自然に思わ無かったのですが、
初見の人はキャラの心情とか話の進み具合が唐突に見えてるのかなあ…

機動戦士ガンダム
機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムZZ
の第1話無料配信中!

バンダイチャンネル マクロスシリーズ

 
 
追記、
UC0001年にテロ活動に参加したサイアム・ビストの声は永井一郎さん(波平さん)
機動戦士ガンダムのナレーションをしていたのは有名ですが、
宇宙世紀を語っていたのはそのサイアムである。
というオチからキャスティングされたらしいです。
(デギン役でもあるんですけどね…)

ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: オススメ — Takuya 11:54 AM  Comments (0)
    BLOG LIST
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

グライファー掲載