ソルティック

本日発売のホビージャパン9月号にて、おともだちのまつおーじさんがライターデビューいたしました。
パチパチパチ
GAAさんとギラズール作ってます。
これからも頑張ってくださいね。

テキーラガンナーまで待つつもりが我慢できずに買っちゃいました。
MAX版ラウンドフェイサー。(だって、かっこいいんですもの)
rf
と、再販されたジバニャン*2

・・・と○○ニャン(汗)

 
昔、タカラで発売された時は、ソルティックとか呼んでまして、正式名称はソルティック社のH8ラウンドフェイサーなのですね。
・・・と、実はダグラム見たことないのですよ。
私の田舎では当時放送されず、少し遅れて放送されてたのですが、その頃もう興味無く…(汗)
でも、1/72ダグラムとラウンドフェイサーだけ買って作りましたね。
このミリタリー感が当時、ツボりました。

専用塗料もバッチリスタンバってますぜ!
dougramcolor
ん!?

 
ジバニャン1つは娘用。
もうひとつは私用。フユニャンか何かに改造しようかと・・・
jibanyan
さっそく娘が作成。と言ってもニッパーいらない手もぎ可能パチ組みなのですが…


それらは、さておき・・・

グフ。

この1週間あまり作業できず・・・(汗)
申し訳ない…。
もう少しお待ちください。
ここまで来たら放置せず必ず完成させますから。
応援宜しくお願いしますm(_ _)m

4 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: オススメ — Takuya 9:44 PM  Comments (0)

HG R35改グフ(15 ドダイYS(2))

巷で話題のアナと雪の女王、ブルーレイをレンタルして家族で視聴しました。
どちらかというと

「ありの~ままの~♪」

の主題歌の方が持ち上げられてまして、ヤフー映画などでのレビューを見てたらあまり映画自体は評価がよろしく無い様で期待してなかったのですが、
ハードルを下げられた分、逆にそれほど悪くは無かった内容でしたね。
でも、大大ヒットしてるけど、そこまで無茶苦茶面白い内容でも無かったと感じましたが(爆)
娘は「面白かった」とは言ってましたので、子供が楽しめたんならそれでいいんではないかと…。


 
さてさて、
ドダイYSの工作は終了。
少しのスジボリだけ追加しますが…。

グフをダダイに立たせる際、大きく足を開いたポージングをさせたい為、
足元のスペース確保をどうすべきか悩みました。

以前、グフカス+ドダイツーの時は、ドダイツー本体を一旦分割しプラバン挿入による幅増しを行ったのですが、
今回、より手間のかからない効果的な方法は無いのか考えた結果、
斜度付垂直尾翼の取り付け位置を上面から側面に変更ということを思いつきました。
この時、垂直尾翼パーツを左右入れ替えて組むと違和感無くフィットします。
(少しプラバン等で隙間を埋めています。)
dodai0716a

邪魔だった垂直尾翼が無くなったので上面のスペースが増えましたが、足をマウントさせるハードポイント部がこのままでは小さいままなのでこれの外側にあたる部分をカットし、プロッタで新規作成したプラバンをはめ込んでいます。
dodai0716c

dodai0716b

前回、グフの足裏に埋め込んだネオジム(ダイソー6mm)、ドダイ側に更に大きなネオジム(PC周辺機器のアクセスポイント等に付属していたものだと思う)により、接続可能。
また、展示ベースのフレーム先端にもネオジムを仕込み、これとドダイも磁力接続可能です。
goufdodai0716a

磁力が強力なのでこの様に傾けても落ちることは有りません。
goufdodai0716b

今月中には完成できそうですね。多分…。
その後、オークション出品しますので宜しくお願いします。

11 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: HG R35改グフ,製作 — Takuya 9:21 PM  Comments (0)

HG R35改グフ(15 ドダイYS(1))

グフの工作は、ほぼ終了です。
後、仕上げ処理をしながらスジボリを加えていきます。

今回は肩関節のディテールアップ、ひじ関節の背面側がのっぺりしてたのでディテールを入れたかったのですが、可動の際の干渉を考えスジボリ入れただけにしています(手抜き)。

足の甲の上部を少しカットし、ナニワネジ製ステンピンと真鍮ハトメを組み合わせて作成したショックアブソーバーが覗くようにしています。
shock_abs

グフカスの時も同じことをしましたが足裏の丸モールド部分にナニワネジ製精密平ネジを仕込み、バーニア部をくり抜きダイソーの6mmφネオジムを組み込んでドダイYSとの磁力接続をします。
バーニア部の径とダイソーネオジムのサイズがあまりにも綺麗に合ってて綺麗なのでノズル穴を設けずあえて金属地のままにします。
asiura0711

gouf0711a

 
ドダイYSを作るかどうか悩んでましたが結局、作ることにしました。
あくまでオマケ的なもので、これはサラッと仕上げますね。

搭乗パイロットを2体作成しました。
ウェーブ製1/144を使用しています。
このセットには座りポーズが1体しか入っていない為、もう1体は、別ポーズのフィギュアの関節を切り貼りして座りポーズに修正しました。
スーツのモールドはキットのままですが、色塗りでジオン兵っぽくなりました。
zeon_trp0711
バンダイからもビルダーパーツのMSフィギュアというのが出てるのですが、完全にジオンや連邦の軍服モールドとは、なっていない。せっかく、版権を持ってるのだから、きちんと正規のデザインで発売してくれたらと切望するばかりです。
(なぜか、寝そべったセイラさんらしきフィギュアは有るのですが…(謎)ホワイトベースクルーとか発売したら絶対売れると思うのになあ…)

ドダイ内部に乗せるのでフィギュア自体はあまり目立たないので結構適当に作ってます。
キットにはシートが1台だけ有りますがこれももう1台プラ棒でかなり雑に作ってます(汗)
dodai0711b
窓は開口し、透明プラバンを貼り付けています。

11 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: HG R35改グフ,製作 — Takuya 4:55 PM  Comments (0)

HG R35改グフ(14 ジャブロー戦仕様)

ジャブロー戦では左手が通常のマニピュレータでジャイアントバズを装備したグフが登場します。

前回、HGUCドムを製作した際はジャイアントバスを大型化したい為にスクラッチしていました。
なので、その余ったジャイアントバズを今回のグフ用に使用。
しかし、グリップやスコープ等のパーツはドム用に取ってしまったのでスコープ、グリップはザクバズーカから
銃口のスタンド等は1/144ドムトロピカルテストタイプのものから流用。
ドムの時もそうでしたが、肩に担がせるためにはグリップを軸回転させる必要が有ります。ですが、個人的にはこの仕様は好きではないのでグリップを無可動固定にしました。
固定にすることで弾倉が肩にまで届かなくなるので、バズーカの長さをプラパイプで延長。
両手持ちしやすいように左手グリップ位置をスコープの真下にしました。

太ももを太くしたりスカート形状を修正しサイドスカートの可動域が狭まった為、
ウエスト横のの一段下がった凹部分を完全にカットし、スカートが跳ね上がりやすくしました。
この切り取った空間を埋める為にステンレスピンをチラ見せする感じに取り付け、胴の可動用のダンパー風にしました。

gouf0709

gouf0709b

gouf0709c

10 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: HG R35改グフ,製作 — Takuya 8:16 PM  Comments (0)

HG R35改グフ(13)

制作開始から1ヶ月が経ちました。
できれば1ヶ月で完成させたかったのですが、
まだまだ修行が足りませんね。

この後、ドダイYSもサラッとオマケで制作したいのですが…

 
更にディテールアップをしています。

下腿のサブスラスターノズル部、グフカスのキットではフィン状のもので完全に閉じられた造形となってますが
これを開口しプラバンで新たに制作した三層構造のフィンを取り付け、そのユニット上部も開口しエッチングメッシュを張込みエンジン吸気口としました。

leg0707b

leg0707

gouf0707
シールド裏のディテールの一部が気に入らなかったのでまたやり直してたりしてました。

あと残す工作は、見えない部分の調整とスジボリなど・・・
シールドの表面もディテール入れたいけどメンドクサイなあ…
ドダイYSも・・・


これを出すんだったらギャンもグフR35の様に新規造形のカッコイイ本体も出したらいいのに…。

8 clap! ハイディテールマニピュレータ拍手 応援してもらえると嬉しくなって頑張れます。


Filed under: HG R35改グフ,製作 — Takuya 11:56 AM  Comments (0)
    BLOG LIST
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

グライファー掲載